ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

雑貨屋さんて儲かるの?

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zaccamocca/20160923/20160923121229.png

こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

本日も「雑貨屋になるには?」ということで書いていきたいと思います。

 

雑貨屋さんって儲かるの?

今回は雑貨業界について少し掘り下げていきたいと思います。

まず、雑貨屋への就職もしくは私どものように起業する方、誰でも一度は「そもそも儲かるのか?生活していけるのか?」と疑問に思ったことではないでしょうか。

先に答えを申し上げておきますと、「儲けだけを追求するのは難しい」です。

雑貨業界については、比較的利益率が低いと言われています。

以前勤めておりました雑貨問屋での話になりますが、下記を参考程度にどうぞ。

 雑貨小物     :定価の6割前後の仕入れ額

 キャラクター雑貨 :定価の6割前後の仕入れ額

 家電小物     :定価の5割前後の仕入れ額

平均で定価の4割程度が売り上げとして残る金額となります。

 

月の売り上げ内訳(例)

月に200万円の売り上げ ー 仕入れ原価(定価の6割) = 80万円の売り上げ

しかし、この80万円がそのまま私どものお給料になることはありません。

あくまでも一例ですが内訳は下記のようになります。

(都内開業の場合)

売上   :200万

仕入れ原価 :-120万

家賃    :-18万(広さ10坪程度の平均値)

諸経費   :-5万円(光熱費、ネット周りなど)

支払    :-10万円(金融機関からの融資などの返済)

残り:47万円

 

実際に手元に残るお金は?

さて、この残り47万円でやっとお給料に…というわけにもならないのであります。

例えば、翌月に予定のない仕入れを行わなければならない場合もありますし、先月とまったく同じ商品を同じ量だけ仕入れるわけにもいきません。

お客様のために商品の取り寄せや、同じ商品ばかりではなく流行ものも積極的に取り入れていかなければなりません。

そうなると、手元に残るのは30万円程度ではないでしょうか。

個人事業の場合は開業当初からボーナスなどを設定するのは難しいですので

単純計算で年収は360万円ということになります。

 

この数字をみてみなさんはどのような感想をお持ちでしょうか?

 

計算式を交えて書いてまいりました が!!

今回の例は非常に偏ったものになります。

クリスマスやハロウィンのようなイベントに合わせた商品があれば単純にその月の売り上げが2倍に膨れるということもございます。

扱った商品がHITさえすればそれこそ5倍、10倍と売上は増えていくでしょう。

逆に言えばイベントやヒット商品に左右されやすく、売上は非常に不安定な業界とも言えるのでございます。

また、雑貨店で扱う商品については「生活をよりよく彩るため」の物が多く、「生活に必要であり、欠かせない」ものが少ないのも正直なところかと思います。

 こうしたことから、儲かるとも儲からないとも決めつけるのは非常に難しく

また「利益だけを追求する」難しさもお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

結論(推測):雑貨屋を経営していくことに必要なのもの

1.可能な限り低い仕入れ値で(メーカーとの交渉)

2.多くのお客様にご来店いただき

3.流行ものやイベントを常にチェックし取り入れ

4.お客様に1つでも多く商品をお買い上げいただく

当たり前のようですが、やはりこれが重要なのであります。

1~4を実現するための工夫や発想がそのまま「売上」に直結いたします。

その方法を1つでも多く持つことが今回の「雑貨屋さんって儲かるの?」の答えになるのではないでしょうか。

 

今回は以上となります。

次回は雑貨屋さんがどのように商品を仕入れているのかを書いていこうかと思っておりますので、よろしくお願い致します。

 

※今回の数値や見解についてはあくまでも私どもの私見でございます。現役の方やこれから雑貨屋さんを志す方すべてが準じる定説ではございません。ご不快な思いをされたなどございましたらお手数ですがコメント等にてご連絡くださいませ。

 

↓↓よろしければ「はてブ」の追加をお願い致します!(ブックマーク→追加)