読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

雑貨はどうやって仕入れるの? ~その1~

手取り20万以下 起業 雑貨屋 雑貨屋さん

f:id:zaccamocca:20160925192625p:plain

こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

 

雑貨はどうやって仕入れるの?

さて、今回のテーマは 仕入れ についてでございます。

雑貨についての仕入れ方法はざっくりと以下の通りとなります。

・メーカーから取り寄せる

・作家さんから買い取る

・海外から買い付ける

どれも一長一短、良きもあれば悪しきもございます。

 

 

メーカー(法人)との取引について

メーカーとの取引においては、相手は企業でこざいますので、一般論としてあまり個人と直接取引することはございません。

法人同士のお付き合いであれば、契約書を交わすことでお互いの信頼関係を確認し取引を行うのがスタンダードであります。

この契約書には主に情報と支払いが大きく関わってまいります。

”情報”とはたとえば新製品の紹介があっても、既定の期間までは宣伝しないでほしい、公にしないでほしい、等。

”支払”とは注文ごとに現金を支払い商品を仕入れるのか、それとも売掛と言う形で一定期間の仕入れ金額を期限までに振り込む形にするのか、等となるのであります。

この契約書のいかんによっては得をしたり損をしたり、はたまた経営にダメージを受けたりという事態も発生いたしますのでメーカーとの取引等で契約書を結ぶ場合は十分に内容を確認するようにしましょう。

なお、メーカーとの取引においての最大のメリットは前述の「売掛」と、もう1つは「安定性」にあると私は考えております。

 「売掛」については前述のとおりですが、先に商品を仕入れ、後からお金を払う形になりますので、極端な話をすればお金がなくても仕入れることができます。

言い方が悪いですが、急な仕入などに柔軟に対応できるのは大きなメリットではないでしょうか。

 

 

取引をする上でもっとも大事なこと

忘れてはならないのは、メーカーも当然商売ですので支払遅延はもってのほかです。

むしろ、経営するにあたっていかなる場合でも支払遅延は許されません。

これは家賃、仕入れ、税金すべてに言えることでございます。

家賃はオーナーの

仕入れは取引先全ての

税金は行政のすべての信用を失うことになります。

メーカーでも問屋でも同業種との横のつながりはございますので、支払遅延等の噂は瞬く間に広まるのでございます。

=最悪仕入れ先を失う可能性もあり、そうした悪循環により経営が立ち行かなくなる…繰り返しになりますがいかなる場合でも支払遅延は許されないということを心に刻んでいただければと思います。

 そうは言っても前回書かせていただいたとおり、雑貨屋の売り上げとは「水物」でもございます。

たとえ創業から順調に売り上げを伸ばしてもいつかは支払という課題に突き当たることでしょう。

そうした時にどのような準備をしていたか、実際に先達者にお尋ねした際には驚くようなストーリーがあり、そしてアイディアがございました。

また、残念ながらそうしたものが用意できなかった方から廃業になっているのであります…。

 話題がだいぶ逸れてしまいました。

しかし、大事なことなのです。

 

 

まとめ

話題を戻しますと、メーカーとの取引についてもう1つのメリット、それは「安定性」でございます。

大量生産・大量販売とまでは申しませんが、メーカーの役割の1つはこの大量生産により、少しでも多くの自社商品を世に送り出しかつユーザーの手に取っていただくことなのです。

ともなれば、製品1つ1つの質はある程度保障されていなければなりませんし、生産についても必要な時に在庫を保有していなければなりません。

私ども仕入れ側はこのメーカーの役割を利用することで売り上げを作ることが出来るのであります。

つまり、安定性とは製品の「品質」と「生産性」を私ども自身で管理する必要なく、新商品等の開発費をかけずに商品を仕入れられる点に起因すると考えております。

企画・コスト管理・製造・物流・流通等をすべてお任せし、商品を仕入れることができるのですから、メーカーとの取引は積極的に行いたいものですね。

しかし、適切な取引を行うことが大前提となりますので、ご注意くださいませ。

 

 

今回は長くなってしまいましたのでこのあたりで(((◞( ・ิ౪・ิ)◟

・作家さんから買い取る

・海外から買い付ける

につきましてはまた次回更新させていただきます。

非常にお話しが逸れてしまう回数が多ございますが、引き続きお付き合いいただければ幸いです。

 

では、また次回。

 

↓↓よろしければ「はてブ」の追加をお願い致します!(ブックマーク→追加)