読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

雑貨はどうやって仕入れるの? ~その2~

f:id:zaccamocca:20160926194242p:plain

こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

 

起業というのは多くの方が未知の世界でして、やはり気になるのか色々な方に進捗を聞かれます。

このブログも雑貨屋さんを始めたい方に興味を持たれるように頑張っていきたいところでございます。

 

個人作家さんから仕入れる方法

さて、前回が長くなってしまいましたので続きをさっそく始めましょう!

 前回も書かせていただいた通り、雑貨の仕入れにはざっくりと3パターンございます。

・メーカーから取り寄せる

・作家さんから買い取る

・海外から買い付ける

本日はその2番目、作家さんと直接取引して商品を仕入れる、でごさいます。

 

 昨今では個人作家さんが作った作品を投稿し、料金決済までを簡単に行うことができる「Creema」や「minne」などのアプリが登場しております。

多くの作家さんが登録しておりますので、雑貨だけでなく食品を購入することも可能であり、このアプリをきっかけに作家活動を始めた方もいるのではないでしょうか。

アプリ内では連絡先の記載や、SNSのアドレスなどが載っていることが多く、それらを利用してお声がけしていくのが基本的なコンタクト方法となります。

あとは作家さんと個別に交渉し、取引を始めるだけです。

 

 

作家さんと取引をする難しさ

始めるだけと前項で申し上げましたが、そもそも作家さんはすでにアプリで販売を行っております。

そんな中、私どもは作家さんの設定している定価以下で商品を仕入れさせてもらえるよう交渉し、店舗にて販売するわけです。

例えば、1600円のアクセサリーを販売している作家さんを例に考えてみましょう

 

 

アクセサリー原価(例)

 f:id:zaccamocca:20160926200201j:plain

 チャーム部分

  (ハート)  :450円

  (中央リボン):300円

チェーン部分   :300円

================================

            計:1,050円

作家さんの利益:550円

 

 

作家さんの利益と私どもの利益

前項については、あくまでも例としてお付き合いくださいませ。

作家さんはイベントやアプリを利用して販売を行えば、ほぼこの550円を利益として手に入れることができます。

しかし、そこに私ども販売店がやってきて、1,600円で売りたい、うちも利益を出したいので6割(メーカー品などの仕入れ掛け率)の960円で売ってほしいと持ちかけるのでございます。

そもそも材料費で1,050円かかっている商品に、一方的な条件を突きつける。

作家さんはどのように思うかはたやすく想像できるものと思います。

まずは作ってらっしゃる作家さんへのリスペクトを忘れぬようお願い致します。

どのような現状なのか、せっかく作り手であり販売責任者と直接お話しができるのですから、人間関係を持ったうえでお声掛け、お取引をお願い致します。

 

 

作家さんとの交渉のコツ

とはいえ、上記のような場合どのように交渉すればいいのか。

あくまでも私の考える1つの方法として書かせていただきます。

 前述した通り作家さんはイベントやアプリに出店し、売上を作っています。

しかし、どちらの手法も”無料”で行える場合は少数でしょう。

イベントであれば出店料、アプリであれば売上金の1部など、ほとんどの場合が売り上げの一部を手数料として払っているのであります。

こうした作家さんが出店する上でかかっているコストをどのように解消するか。

これが1つ上手い仕入れをするきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

ここまで読んでいただき、どのように思いましたでしょうか。

メーカーにくらべ作家さんは1つのジャンルに特化している場合が多く、お付き合いするとなればメーカーの取引の5倍、10倍の時間がかかる場合もございます。

そうまでしてなぜ作家さんと取引するのか。

それは、個人店ならではの理由でございます。

チェーン店のPLAZAやITS'DEMOにはみなさんも訪れたことがあるかと思います。

では、こうしたチェーン店と同じ規模で同じ商品を売り出せば成功するでしょうか?

もちろん、成功する場合も多いにあります。

が、その場合はFC店ということで傘下に入った方が恩恵があるでしょう。

せっかくの起業ですので、チェーン店と違いを出したいと思うのではないでしょうか。

前回の記事でも書いたところですが、大手の企業になればなるほど個人と直接取引するのは難しくなってまいります。

zaccamocca.hatenablog.com

もちろん、一概には言えませんが私の知る範囲では積極的に個人の作家さんを抱えている大手さんは見たことがありません。

であれば、私どものような個人店がそうした作家さんと手を取り合うことで違いを出すことができるのはないでしょうか。

 

作家さんと取引することは必ずしも確実な利益を生む方法ではないかもしれません。

大手で扱っていないものを扱うだけで売り上げが上がるわけではありません。

しかし、1つのきっかけになる可能性はあります。

作家さんはより良いものを1人でも多くの人の手に渡って使って欲しいと願っているはずです。

であれば、私たちは情熱をもってそのお手伝いをする。

そうしたスタイルで私は作家さんと関わっていければと考えているのであります。

 

今回もまた長くなってしまいました(((◞( ・ิ౪・ิ)◟

 

次回は「雑貨はどうやって仕入れるの?」最終回。

海外の商品を買い付けるを更新いたします。

 

 では、また次回。

 

  ↓↓よろしければ「はてブ」の追加をお願い致します!(ブックマーク→追加)