読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

店舗の外観はこうやって決めよう【雑貨店】

オリジナル雑貨 店舗内装 起業 雑貨屋 雑貨屋さん

f:id:zaccamocca:20160928203102p:plain

 

 本日は、店舗を構える際にみなさんがもっともこだわるであろう外観と内装についてです。

 

 

前置き

こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

まもなく衣替えでございますね。

10月ぴったりから強制されることは無くなりましたが、気分的にはタンスの中身を入れ替えたい時期ですね。

真夏日があと何度かあるのを思うとままならないですが…

 

 

外観は重要です

さて、雑貨屋さんをやるにあたってもっとも重要なのは前回更新した立地ですが、その次に重要になってくるのは外観ではないでしょうか。

極端なお話、どれだけ品揃えが良くても外観はアメリカン雑貨風、仕入れているものが北欧風ではお客様はついてくれません。

仕入れのイメージにあった箱物は重要であると私は考えております。

もう一つ言えば、自身の仕入れセンスを見ていただくにはまず入店していただく必要がございます。

お客様を呼び込むためには外観を整え、どのようなお店なのかをある程度想像できるようにしなければなりません。

次いでお客様がもたれたイメージ通りの内装にし、自信のある商品を展開するのが王道でしょう。

特に、雑貨は目的があって購入というよりは一期一会を重んじる所がございます。

出会った場所がそのまま価値に繋がると思えば万全を期したいものです。

 

 

注目される外観って?

では、まずどのような外観がお客様に注目していただけるのでしょうか。

私どもが扱う予定の商品はキッチン雑貨、小物雑貨で特に北欧風なものを検討しております。

そうした場合にもっとも参考になるのが【美容院】でございます。

みなさんも経験があるのではないでしょうか?身近に見慣れないオシャレなお店がオープンした際に、ふとガラス越しに店内を覗くと美容院であった経験です。

私と妻はしょっちゅうでして。

大概雑貨屋さんかな?と覗くと美容院でございます(´;◞౪◟;)

 では、なぜ私どもは美容院に惹かれるのでしょうか。

美容院で画像検索いたしますと、店舗の外観が沢山出てまいります。

f:id:zaccamocca:20160929185010j:plain

Google画像検索結果「美容院 外観」で検索

 

 

効果的な外観作り

一階店舗などは非常にこだわりを感じるオシャレな外観ばかりです。

中でも特に多いのが、ガラス窓を有効活用しているところです。

大きなガラス窓で店内を一望することができ、客席も外から見えるようになっています。

こうすることでお客様は少なからず安心感を得た状態で入店することができます。

そのガラス窓をメインにするのではなく、アクセントになるように壁面の装飾や店名のロゴなどで上品にまとめあげているからこそついつい目に入ってしまうのではないでしょうか。

ドアが木製の場合もある多く、自動ドアやガラスドアと比べると手入れの部分でも簡易的でオシャレに見られる気がします。

 

 

外観から見える店内のお話

また、美容院などのガラス窓から見える店内はライト効果を上手く使っており、昼夜問わず店内が覗きやすくなっているのもポイントです。

レール式で移動可能なライトなどをプロの照明屋さんが調整しているのでしょうか。

外観とマッチしたライトになっているお店が多い印象です。

お客様が来ないため節電で暗くしなきゃ…と考えるくらいならば、電気代の安い業者(電力自由化ですので)やLEDライトにすることを前提に計画を練り、常に明るい店内を目指すのがいいでしょう。

 

 

まとめ

以上はあくまでも私どもの扱う予定のものに合わせたものです。

アメリカン雑貨であればガレージのような、秘密基地のような外観がそそられますし、アジアン系ならばまた違ったテイストが必要になると思います。

 それぞれはやはりたくさんの画像や実店舗を見て体験して、見えてくる自分の目指すところによって変わってくると思います。

せっかくの店舗ですから、プランナーさんなどに持って行く際にはできるだけ詳細に伝えることができれば、その熱意は形となって帰ってくるのではないでしょうか。

 

 

少々長くなってまいりしたので本日はここまで。

次回は雑貨店の内装について書いていきたいと思いますので、お付き合いくださいませ。

 

では、また次回

↓↓よろしければ「はてブ」の追加をお願い致します!(ブックマーク→追加)