読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

手取り20万以下が1年で100万円を貯めた話 〜その1〜

手取り20万以下 雑貨屋 起業 雑貨屋さん

f:id:zaccamocca:20161006114943p:image

 

こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

 

 前置き

どうにも気温が安定しないですね。

気圧が変わると鼻の調子が悪くなるタイプなので辛い日々でございます。

私はもともと浪費家ではないので、ゆる〜く貯金をしていたのですが、約1年前に起業を意識して本格的に貯金をはじめました。

今回はそんなお話です。

ちなみに社会人になってから6年、手取り20万以上だったのは半年間くらいです。

では、本編をどうぞ

 

 

スタートは突然に

それは昨年の春頃だったと思います。

なんとなしに自分の貯金額と将来やりたいことを考えていた時、ふと思ったのであります。

「この貯金額じゃなんもできんな…」

いつか雑貨屋さんをやるのは既定路線でしたが、それまでにあと一回の転職ないし違う形で自営業を経験したいと考えておりました。

実は、私は年齢をいいことに毎度まったく違う業種に転職するようにしております。

多種多様な業種で学べることは多く、馴染むまで時間はかかりますが飽きもこないのでそのような形を取っています。

普通に行けば、いつかは経験した業種でかつ実績を活かせる職場に落ち着かなければなりませんし、その経験こそが転職時の給料交渉に響いてくるわけであります。

しかし、どこかの業種で雇われ長年務めるというのはどうにも想像できず、その時になったら起業しよう!と考えておりました。

が、やはり実績もなければ給料アップはかなり厳しい状況でございます。普段の貯金額も一定以上増えた時に大きな買い物が必要になったりとなかなか安定した貯金をすることができませんでした。

ともなれば、いざ起業となったときの資金はこのままいくと足りないんじゃないか…?そんなことを思い始めたのであります。

そして、さしあたっては起業を決意するかどうかは別にして、長期で休むことになった場合に数ヶ月は働かなくていいような貯金を作ろう!という所から始めることにしたのであります。

 

 

 まず何から始めるのか

私が最初にやったのは、毎月のお給料がいくらで、どんなものにお金を使っているかを確認することでございます。

当たり前のようですが、残業などでもお給料は変わります。

それを毎月確認し、どの程度までお金使っていいのかを毎月計画するようにいたしました。

また、公共料金については、昨年はまだ妻と入籍していなかったので折半がわかりやすいようにコンビニ払いにしていましたのですが、これをクレジットカード払いに変えて履歴が残るようにすれば変わらないじゃん!と気づき支払い方法を変更いたしました。

こうすることで毎月入ってきたお給料から引かれる先を

・家賃

・カード払い

奨学金返済

の三つに絞りました。

出て行く先が沢山あると目が滑りますので、簡略化することで自分が口座から引き落とした履歴が目立つようにしたのであります。

 

 

ATMが便利すぎるのです

そうやって払い先を絞って2カ月様子を見たところ、口座から月に何度もお金を引き出していることに気付いたのであります。

 しかもATMで。

使っていいお金は計画していたものの、手数料が無料なので都度ATMから降ろしていました。

これがいけなかったのか、何故か計画通りに消費を抑えることができませんでした。

同じように家賃や光熱費を負担していた妻は上手に消費を抑えていたのになぜ…?

どうやって消費を抑えているのか、妻に聞いてみると…

 

 

使って良いお金はすべて手元に置こう

なんと、妻は使っていいお金はすべて銀行から引き落として、銀行にはお給料日にしかいかないと言うのです。

そうすることでより計画的にお金を使うことができるし、家に帰れば残高が目に見えるので衝動買いも抑えられるというのです。

なるほどと思い、真似するようになってからはほぼ計画通りに消費を抑えることができました。

 

 

長くなってまいりましたので本日はここまで

次回はもっと具体的にどうやって節約をしたのかを書いていきますね!

 

では、また次回