読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

手取り20万以下が1年で100万円を貯めた話 〜その2〜

f:id:zaccamocca:20161007182504p:image
こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

 

さて、本日は早速本題に入ります。

前回は私が貯金を本格的に始める前に見直した点をご紹介しました。

 

zaccamocca.hatenablog.com

 見直したポイントは1つ

給料日以外に銀行もしくはATMを利用しない、でございます。

 

クレジットカード専用アプリで見える化

公共料金のカード払いへの変更等、支払先を整理することで何にいくら使っているかが以前よりは管理がしやすくなりました。

これだけ書いておりますと、むしろ「まとめてしまっては管理しずらいのでは?」と思われるかもしれません。

そこで、私がカード払いをしている内訳を簡単に記載しますと

・公共料金

・携帯電話代

・ネット回線代

Suica自動チャージ代

カーシェアリング利用代

・その他、ネット通販等購入代

これらをすべて通帳の履歴や購入履歴のメールから管理するのは手間がかかりますし

利用毎に家計簿をつけるのも試しましたがうまくいきませんでした。

※別の機会に家計簿についても書きたいと思います

そこで、私が利用しているクレジットカードの専用アプリを試したら、これが私に合っていたようで簡単に管理ができるようになりました。

まず私が利用しているクレジットカードはセゾンでして、その専用アプリが「セゾンPortal」です。

みずほ銀行の口座を作る際についでに作ったカードですが、今のメインにしています。

 

よく雑誌などで〇〇を買うなら△△カード!という特集を見ますが、そこまで細かいことはやっていません。

むしろそこまでやるとカード払いで得をすることが趣味にならないと継続するモチベーションにならない気がいたします。

 

閑話休題

 

このアプリを利用するようになってから、いつでもどこでも利用明細が確認できるので使いすぎているかな?と思ったら確認し、そこから利用を抑えたりと調整ができるのが便利でございました。

WEBでも当然明細は確認できますが、気になっても帰宅後にしか確認できないと忘れてしまうこともしばしばございましたので・・・。

当然利用した日付から値段からすべて確認できますので、遊びで金額が膨れているのか、公共料金の利用料が高いのかを確認するのにも重宝いたしました。

使ったものは仕方がありませんので、抑えきれなかった分は次月どのようにして料金を抑えるか、気の向いたときに考えるにもアプリの方が適している気がいたします。

 

アプリによるデメリットには目をつぶる

読んでいて気付かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「外でそんなアプリを使うなんて不用心すぎる」と。

おっしゃる通りで、外で利用する場合には自衛が必須でございます。

・電車など目につきやすい場所ではやらない

・カフェなどで壁を背にして行う

・覗き見防止シートを張る

まあ、これ以外でも画面を覗かれること自体あまりいい気持ちはいたしませんが・・・

抑えられるものでもございませんのでそこは自衛していただき、上手くご利用いただければと思います。

私の場合はこのデメリットに目をつぶってでも外でも確認することがお金の管理においてより効率的にできるようになったというお話でございます。

 

もちろんメリットもあります

アプリのメリットとしては、カードでついてくるポイントが確認しやすくなったことでしょうか。

以前はいちいちWEBにつないで確認していたので億劫でしたが、アプリによって確認しやすくなり毎月増えていくポイントを確認するのも楽しみの1つです。

元々カード払いにしてしまうことが多かったので、ポイントは毎月一定数溜まっていくわけですが、私の場合は1,000P溜まったら商品券に交換しています。

Amazonギフトや楽天ポイントにもできるので使い勝手が良いものに交換しております。

だいたい1,000Pで5,000円程度の商品券に交換できますのでこれを元手にゲームやら漫画を購入しております。

 

管理して気付いた無駄遣い

まず最初に気付いた無駄、というか見直した部分は先ほどの内訳に書きました

Suica自動チャージ代 でございます。

前職では電車での移動がメインでしたので、月に3万円はSuicaのチャージで使っておりました。

元々自動チャージにしていたのですが、その設定に無駄があったのです。

私が利用していた設定は

1,000円以下になった場合、1万円を自動チャージする でございました。

現職で車移動がメインになったものの、プライベートでは使いますので設定はそのままにしておりました。

結果以前も3万円を使っていましたし、プライベートでも月に1万円程度は使うことがままありました、ではなぜ1万円チャージが無駄だったのか。

それは、クレジットカードの請求タイミングにありました!

どういうことかと申しますと。

(例1)

10月5日にチャージ(+10,000円)

   15日にチャージ(+10,000円)

   31日にチャージ(+10,000円)

計30,000円

 

毎月こうなるわけではありませんが、私の場合は月末に自動チャージする場合が多くありました。

こうなると、セゾンカードは月末締め、翌々4日の支払となりますので12月4日に30,000円を支払うことになります。

しかし、この設定を1,000円以下になった場合、3,000円を自動チャージするにいたしますと。

(例2)

10月5日にチャージ(+3,000円)

  8日にチャージ(+3,000円)

  ・

  ・同じペースで利用

  ・

   31日にチャージ(+3,000円

 

そう、同じペースで利用しても最後にチャージする金額は3,000円になるのであります。

月末締めで支払うわけですので、同じペースで利用した場合で例1と例2の差を考えると単純計算で浮いた7,000円の支払いを後回しにできるわけです

結局は同じペースで使いますのでいつかは支払うことになるのですが、対象月の支払いは抑えることが出来ますし、理想を言えば7,000円分を貯金に回してみてください。

1年間それを続けるだけで84,000円を貯金することが可能です

究極を言えば、自動チャージの設定を変えるだけで貯金ができたわけですね。

 

 

まとめ

今回で少しお分かりいただけたかと思いますが、私が行っていく貯金方法は何かを辞めるのではなく、現在の方法をちょっと工夫をして貯金をしやすくする環境を作る、という方法となります。

しばらくはこのシリーズでの更新になるかと思いますので、よろしければお付き合いくださいませ。

 

では、また次回(⑅∫°ਊ°)∫