読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

手取り20万以下が1年で100万円を貯めた話 〜その3〜

f:id:zaccamocca:20161007182504p:image
こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

 

前回までのあらすじ

 

zaccamocca.hatenablog.com

zaccamocca.hatenablog.com

 ・支払先がバラけていたのをクレジットカードを活用して1本化

・クレジットカード専用アプリを活用して支出を管理

 

 

食費を我慢するのではなく、抑える

良く節約をする際に〇〇を我慢して、という発想になりがちでございます。

抑えるのではなく、工夫によって負担を減らす、これを実行してから削る、我慢するという方法を実践しても遅くはないと思うのです。

まず、私が食費について改善するまでの1か月の内訳は下記の通りです。

 

食費+その他雑費(夫婦共用、1人15,000円)

  15,000円

お昼代 1回600円程度翔×約20日出勤

  12,000円(コンビニ、ファストフード等)

飲み物代 一日500mlペットボトル×2本×約20日出勤

  6,000円

その他外食、間食等

  10,000円

合計:43,000円

 

これが私の1か月の飲食代でございます。

この中でもっともエンゲル係数が高いのはお昼代でございました。

値段自体は妻と折半している普段の食費代ですが、これは朝と夜の食事に洗剤などの生活必需品を含めた金額ですので、むしろかなり抑えている方だと思います。

お昼は時間が取れずコンビニ、ファストフードで済ませることがほとんどで1回の食事は600円程度かけなければ満腹になりません。

また、飲み物も必須ですし休憩中の甘味なども買うことが多かったので平日昼間に使うお金が一番サイフにダメージを与えていたことに気付いたのであります。

 

まずは辛くないことから。初期投資回収予定も考えて

ともなれば、まずはお昼の内容を変えることが支出を減らす近道なのは言うまでもありません。

幸いにも私は朝に強い方でして、30分早く起きてお弁当を作ることを決めたのであります。

そこで、初期投資として買った商品が

  

サーモス 真空断熱フードコンテナー 0.5L ブラック JBM-500 BK

サーモス 真空断熱フードコンテナー 0.5L ブラック JBM-500 BK

 

  

  

 買ったものが旧モデルでしたのですでに商品はありませんでしたが、価格や容量はこのクラスの物を買いました。

合計で約10,000円にて東急ハンズにて購入。

お弁当箱はいろいろと悩んだのですが、分離できるタイプですと普段の移動が車ですから、車内で広げることも可能は可能ですがこぼす確率も高くなるくらいならごはんもおかずも一緒にしてしまおうということでフードコンテナタイプを採用いたしました。

あと、使ってみて思ったのが洗い物が楽ですね、パーツが少ないので洗い物が増えないのは良いことです。

ペットボトル→水筒に変えるにも大きなサイズだと鞄に入りませんし、普通のタイプでも2本は重いのでスリムタイプを選択。

中身は基本的に白湯(500ml)とインスタントコーヒー(500ml)です。

夏でも冷たいものは取らず、温かいのもにしました。

忙しくてもあたたかい方が水分を吸収しやすいのと、気分の問題かもしれませんが体を冷やさなくなったことで体調の方も改善した為今でも続けております。

あ、水筒を2本違うタイプを買ったのは同じものを買うとどちらに何を入れたか分からなくなるからです。

 

そして、お弁当の中身はお米と冷凍食品のみ!たまに余った夕飯を入れることもありますが・・・。

お米も手間を減らすために毎度5号を炊いて、ラップで包んだものを冷凍→朝にレンジで解凍しております。

フードコンテナは保温タイプですので、ご飯の熱を逃しません。

そのため、冷凍食品はすべてレンジにかけず冷凍されたままごはんの上に乗せております。

ごはん時にはすべて解凍されていますし、必要以上に冷たくならないのでオススメでございますよ。

このように手間を省きに省いておりますので、消費時間は約10分。

朝の時間に負担をかけることなく用意できるようになるのに時間はかかりませんでしたね。

これで月のお昼代を18,000円→10,000円にすることができました。

8,000円の改善ですので、初期投資は2か月で回収ですね。

10,000円というのは夫婦共有の30,000円の食費に冷凍食品代+お米代として私が追加した金額でございます。

適当に追加した割には適正だったようで家計にも負担をかけずに済みました。

この活動をすでに1年以上続けておりますので、8,000円×12か月以上=96,000円以上はこのおかげで貯金できたわけですね。

 

まとめ

・普段の食費について分析

エンゲル係数の高い部分を見極める

・自炊に切り替えることで我慢するのではなく支出を減らすことに成功

なお、よりコストを下げるのであれば週末に作り置きを冷凍しておくのがベストかと思います。

常備菜という言葉が浸透してきておりますし、手間はかかるものの1か月の支出はさらに5,000円は減らせるのではないでしょうか・・・。

そのうち挑戦してみようかと思っておりますので、その際にはまたレポートさせていただきますね。

 

次回もまだまだ続きますので、引き続くよろしくお願い致します。

では、また(⑅∫°ਊ°)∫