ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

手取り20万以下が1年で100万円を貯めた話 〜その6〜

 f:id:zaccamocca:20161011081052p:image

こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

 

さて、さっそく本題に入りましょう。

 

貯金について考え方を改めてみる

 みなさんがもし起業をするとして、資金のために貯金することが必要になった時にはどのような貯金をするでしょうか。

  • 限界まで切り詰めて早めに目標を達成する
  • 仕事量を増やしお給料上げる(副業を含む)
  • いつか起業できればいいとボーナスなどからゆっくり貯金する
  • 無理なくモチベーションを保ちつつ1年、2年後の起業を目指して貯金する

色々な事情や考えで変わってくるかと思います。

私どもの場合は先ほどあげた四つ目の方法で貯金することを決めました。

 まずお互いが20代であり、子どももおりませんので焦る必要がないのが一番の理由でございました。

また、急ぎ貯金をする=起業までの期間が短くなってしまい計画が不十分になってしまう可能性があったのも一因ですね。

もし急いで貯金をするのではれば、おそらくそれ相応の職に転職していたでしょうからブログのタイトルも変わっていたものと思います。

とは言え、これもタイトルの通り手取りが20万以下で貯金などすればまず欲しいものは買えなくなります。

それはそれでストレスになりますし、モチベーションも保つことが出来ません。

そこで私が実践したのが本貯金とは別の「プチ貯金」でございます。

 

ほんの少し日常を振り返って「プチ貯金」

例えば、あなたは毎日出勤時にショップやコンビニでコーヒーを買って出勤していたとします。

しかし、朝少しの寝坊と電車の遅延などでその日はコーヒーを買うことが出来ませんでした。

そんな時、その分を貯金として回してみてください。

例えば、あたなが洗濯用の洗剤を買いに行ったとき。

その洗剤がモデルチェンジで処分品になっており、いつもの30%offだったら。

そんな時、その浮いた分を貯金に回してみてください。

金額は大きくありませんが、日々のちょっと浮いたお金を貯金に回す。

これが「プチ貯金」でございます。

私の場合は漫画代や中古ゲームなどはほとんどこちらから捻出しております。

仕事で忙しいときなどは特にこのプチ貯金が発生しやすく、いつも買っている缶コーヒーを買わなかった、今日は買おうと思っていたおやつを買えなかった。

元々使おうと思っていたお金ならばいっそ貯金してしまおうという考えから始まった活動ですが、地味に今でも続いております。

都度雑費で使ってしまうので、貯まった最高額は3,000円程度でございますが、決して生活に必要とはいえないものを買う程度であればこの金額で十分でございます。

あ、衣服等は別途お金を使ってください。

衣服の乱れは自分の価値を落としますゆえ、あまりケチるのはお勧めいたしません・・・(自戒の念のこめて)

 

「プチ貯金」で得られる意外な効果

この貯金を早いもので1年半ほどやっておりますが、意外な効果もありました。

この活動はマイナスなことがあった時に行うものですので、最初はネガティブな気持ちだったのですが、続けていくうちに自分だけの落としどころを得たような気持ちになりました

と言うのも、使えなかったお金がそのままサイフに戻るわけではなく貯金として残りますので、頭の中で「じゃあ、来週発売の漫画を買おう」とパッと切り替えることができるようになったのであります。

忙しさで買えないストレス

売り切れで手に入れられなかったストレス

この怒り(ストレス)のベクトルをほかに向けるでなく霧散できるようになったのは自分の中で大きな出来事でありました。

問題はこの貯金方法自体に向き不向きがあるようで・・・

実際のところ、妻は合わなかったようですぐやめてしまったので人によるというところでございましょう。

 

まとめ

今回はあまり本編とは関係なかったなか?とは思いつつ。

しかし、貯金するということは少なからず意識が変わるということでございまして。

何かを買うことに罪悪感を覚えるものでございます。

しかし、それを罪にしたままでは自分がつぶれてしまう。

そうなるくらいならば別の方法で罪悪感を覚えない方法、逃げ道を設定しておくのは長くモチベーションを保つ1つの秘訣であると思っております。

みなさまも何かに挑戦するときにはぜひ意固地にならず、自分の許せる落としどころを探して見てはいかがでしょうか。

 

次回は「100万円を貯金する中で一切消費を抑えなかったモノ」について更新いたします。

 

では、また

(((◞( ・ิ౪・ิ)◟

 

  ↓↓読んでいただけましたら記事下の「[B!]bookmark 」の追加をお願い致します!