読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

デザイナーさんにロゴ作成依頼をする時に気を付けたいこと

雑貨屋さん 雑貨屋 起業 仕入れ 作家

f:id:zaccamocca:20161024200634j:plain

こんにちは!
ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

本日は起業する際にあると便利なロゴの作成についてまとめてまいります。

 

ロゴ=イメージの定着

ほとんどの企業では企業ロゴというものが存在いたします。

どれもその企業を表す素晴らしいデザインで、時にはそのロゴを見ただけでそのお店だと認識させる看板の役割も果たします。

f:id:zaccamocca:20161024200943j:plain

私どもが現在ブログのアイコンとしても利用しております小人の画像ですが、こちらはフリー素材を利用しております。

今年中にはOPENに向けてオリジナルロゴを作成する予定でして、やはりお店のイメージがなんとなく伝わるようなものにしたいものです。

 

ロゴ作成はプロに任せよう

そんなロゴ作成でございますが、私などは絵心がある方がうらやましい限りでございます。

ものすごく下手なわけでもないのですが、人様にお見せできるレベルでない私などですとロゴを作るなど到底無理なわけでございます。

とは言え欲しいものは欲しい。そんな時はもう素直にプロにお願い致しましょう。

coconala.com

こちらのサイトでは登録しているデザイナーの方それぞれに直接お仕事を依頼することができます。

ロゴとして看板なのに利用する、もしくはオリジナル商品に印字するなどの場合は必ず著作権の譲渡をしていただきましょう。

たいていの方がデザイン料+手数料と言う形で著作権を譲渡しております。

私どももこちらでデザイナーさんを探し、依頼させていただこうと思っております。

 

ロゴのイメージを伝えよう

プロに頼むとはいえ、要望はできるだけ細かく行った方がのちのちのリテイクなどが必要なくなり、トラブルの防止にもなります。

まずはどのようなロゴがいいのか、各企業のロゴマークをなんとなく眺めるところから始めるのがよろしいかと思います。

liginc.co.jp

こちらでまとめているロゴはかなりオシャレだなーと感じました。

私どももこうしたブログやまとめサイト図書館にいってはそういった企業ロゴをまとめた本などを参考に色々と検討していまいりました。 

日本のロゴ 2

日本のロゴ 2

 

 最終的には現在フリー素材で使っている小人に近いものを、と考えております。

実際にできた際には当然お披露目いたしますのでもう少々お待ちくださいませ。

 

外注=パートナーであることを忘れないようにしよう

こうしたロゴを始め、経営していく上でいろいろなものを外注ということで注文する機会はあるかと思います。

そうした際に「お金を払うんだから」と様々な無茶を言いがちでございます。

しかし、私の友人(フリーのイラストレーター)が言うには

「基本的に依頼されたものはお金が発生するわけだからしっかりやるけど、依頼主によってはがんばったり手を抜いたりはどうしても出ちゃうよ。これはわざとじゃなくてモチベーションだったり依頼主の態度だったりでどうしてもクオリティに出ちゃう」とのこと。

なるほど、それはそうだなというのが私の感想でございます。

こちらが依頼主という頭でいますとどうしても細かなところでリテイクをかけたくもなりますし、デザイナーに気を使うことは損と言われる方もおります。

しかし、私などはデザイナーの方とパートナーとしてともに作り上げていくようなイメージの方がより良いものが生まれる気がするのです。

ちなみに、友人に相談した際にはパッケージデザインを依頼したい際にどのようなことを気を付ければいいか、という会話の流れで聞いたものであり、デザイナーさんすべてがそうと言うわけでは当然ございません。

デザイナーさんによっては信念をもって一定のクオリティを出される方も大勢いらっしゃると思います。

が、せっかくなら気持ちよくお仕事をしてほしいと思うのは私だけでしょうか。

なお、友人に言われた「依頼する際にあったらいい情報、もしくは把握しておいてほしい」はコチラ(パッケージデザインの場合です)

  • 価格は工程数によって変わる
  • どの程度まで予算を使えるか、もしくは素直に価格帯を聞いてしまう
  • PDFだけなのかイラストレーターでの納品が必要か、サイズ指定、納期、用途
  • 断ち切り線から外側余分に何mm必要か
  • ラフ(パターン数指定してみる)→擦りあわせ →リテイク →本作業 →納品
  • 本作業後は不備がない限りはあまりリテイクをしないこと
  • ○○の段階までは修正をお願いしたいとあらかじめ伝えておく

様々あるようですが、接客業ではこれ以上に様々なことに気を使わなければやっていけないわけでございますから、決してできないことではないと思っております。

 

まとめ

今回の記事については下記の記事を読んで思いついたものです。

blog.ashinomina.com

どうにもこうしたことは日常茶飯事なようで。

仕事上お付き合いをしていく方とは良い関係でいたいものでございます。

私も考えさせられた記事でございますので、ぜひぜひ。

 

さて、明日は「ハンドメイドをやってみた」ということで更新予定でございます。

では、また(((◞( ・ิ౪・ิ)◟

 

↓↓読んでいただけましたら記事下の「[B!]Bookmark 」の追加をお願い致します!