ZaccaMocca 手取り20万円以下が始める雑貨屋さん ~ゼロからお話ししますね~

手取り20万円以下で創業を決意!妻を巻き込んで一念発起 雑貨屋さんをOPENするまでを出来るだけ詳細にお伝えしていきます HPが出来ました!<http://zaccamocca.wixsite.com/zaccamocca>

ジョーク : 億万長者 について

f:id:zaccamocca:20161211004658p:plain

こんにちは!

ZaccaMocca、WEBその他諸々担当の okayu でございます。

 

2週間ぶりの更新でございます。

「更新するぞ!」と時間を作らないといけないのが歯がゆい限りでございます。

 

「億万長者」

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。
すると漁師は 「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。
旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、
漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。 そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。 そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。 「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」 と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」

この本来の教訓とはMBAを取得しても意味ないよ、なんていう皮肉だそうです(?)

 

私はこのお話しを最近よく思い出します。

実は今、プライベートを完全に潰し、がむしゃらに働く方のいる業界に現在おります。

正社員ないし専門職として働く方がお金(むしろ金額?)やお金以外の目標が曖昧なまま上を目指していく様を目の当たりにすることがあるのですが、どうにも「俺はいつかビックになる!」と言っている若者と大差ない気がしてしまうのでございます。

ビックになる先、企業なら取締役でも専務でも、部長職でもなる先が明確ならば結構です。しかし、あまりにも先の見えない流れの中で働いている人がいらっしゃいます。

 

この話をすると「お金があれば選択肢が増える」「経験がなければその選択肢を用意することすらできない」とよく言われます。

その選択すべき時にお金があるかどうか、これは本当に重要でございます。

ですので、賃金の為と割り切った行動は私はむしろ推奨したいくらいです。

選択肢の数を増やすための行動、これも大変すばらしいことです。

 

が、私は今までプライベートを削り取ってがむしゃらに働いている方にその選択肢を選ぶ未来の可能性を感じたことがないのです。

 

現状では間違いなく職場のエース。

ですが、お話を聞くと3年後の未来すら描いていない方がいらっしゃる。

かといって今の場所に骨をうずめる覚悟があるわけでもない。

私はそんな時に「億万長者」のお話しを思い出します。

がむしゃらに働いているその方々は今億万長者になる道を歩んでいる。

しかし、その先には何があるんだろう・・・と。

 

私の目標はいつか書かせていただきました。 

zaccamocca.hatenablog.com

 自分の好きなことを仕事にし、広め、引継ぎ、早期リタイアをする。

広めの庭があるタイニーハウスで妻と共に晴耕雨読の生活を送り、年に2度の旅行を楽しむ。

今現状でこの目標を達成することは困難です。

しかし、1つ1つステップを踏んでいくことで叶えることが出来るでしょう。

そして私は、それを持っていないから目指すのです。

「億万長者」の中に出てくる漁師は今の生活を気に入っている様子。しかしコンサルに出会うことで「知識」を得ることができました。そうした道もあるのだと。ですが、その先に待っているものを選ぶなら、今の生活でいいと「選択」したのです。

(厳密には選択したかは書かれていませんが)

 

長くなってまいりましたので、言いたかったことを簡潔に。

「あたなが今いる場所のゴールはどこでしょうか?」

がむしゃらに働き素晴らしい活躍をされている方々も今一度思い出してください。

頼られているから、求められているからを使命感のように捉え、自分が中心ではない生活を送られている方々は思い出してください。

ぜひ、お願い致します。

 

では、また(((◞( ・ิ౪・ิ)◟

 

↓↓読んでいただけましたら記事下の「[B!]Bookmark 」の追加をお願い致します!