みなさんの知らない国産食器の世界

みなさんの知らない国産食器の世界

☞生活に上手に陶器を取り入れる 方法 ☞絶対におすすめな国産食器 とは ☞簡単に食卓を彩る 方法 の3つを重点としてご紹介。ツイッター、インスタやってますのでプロフィールを参照してくださいね!

みなさんが知らない国産食器の世界

食器屋さんが語るみなさんが知らない国産食器の世界 -波佐見焼編-

どうも!

サッカー大好き食器屋さん 大隈圭将です。

 

みなさん、好きな焼物の種類ってありますか?

まあ、なかなか無いですよね!(笑)

とはいえ、僕は日本の食器をもっと広めたいので、みなさんにそれぞれの焼物の良さが伝わるようココでご紹介していこうと思います!

 

今回は僕の大好きな波佐見焼について・・・

 

今回の用語予習

土器...名前の通り土の器。粘土質の土を成形して焼き固めたもの。水を吸収する特性がある。

 陶磁器...白土や石を混ぜて焼いた器。ガラス質を含むので水を弾き、白く清潔感のある器。

 

  • 波佐見焼とは

貿易の長崎県にあって波佐見町という長崎県でも唯一海に面していないこの街です。

遡ること400年前に誕生したと言われています。

元々は陶器を作っていましたが、包丁などの砥石に使われていた熊本県天草の石が焼き物に向いているとわかり、磁器の生産地として生まれ変わっていきました。 

それまで庶民の食器は土器が主流で、柄など趣をこらした陶器や粘土を使わない磁器というのは嗜好品として扱われていました。

が、その常識を覆し庶民の食器として波及していったのが波佐見焼です。

  

実際に大量生産に入ったのは150年前に中尾上登窯(なかお うわのぼり かま)が完成してからです。

コレは160mもある巨大な窯で、最近では個人用に20cm*20cmサイズの小さなものまであると考えると、当時需要が増え、要望に答えるために限界まで大量生産するにはどこまで大きくできるか、窯職人たちのプロジェクトX的な壮大さを感じます。

 

f:id:zaccamocca:20171115200648j:plain

中尾上登窯跡(日本観光協会より )

 

そして時は長崎貿易の時代。

オランダ、中国との貿易で大活躍したのがこの波佐見焼です。

当時から日本は海外に醤油を輸出していましたが、当時は船での輸送手段しかありませんから、海風にあてられた醤油は残念ながら酸化して味も風味も損なっていたのです。

 

f:id:zaccamocca:20171115201243j:plain

コンプラ瓶(キッコーマンHPより

そこで波佐見の職人が作り出したのが【コンプラ瓶】です。

ポルトガル語の「買付け人」もしくは「仲介人」を意味するコンプラドールをもじっているのだと言われていますね。

「買い付け人用瓶」なんて当時の職人の無骨さが出ていてカッコいいと思いません?

必要なものが出来上がったことに意味があり、名前にはあまり意味がなかったのかも知れません。

 

このコンプラ瓶、陶磁器の丈夫さから船旅でも割れにくく、口をコルクで密封するので現地ですぐ使えるという合理性もありました。

肝心な味は...と言うと、かのルイ14世が好んで料理に使わせていたという話があるくらいしっかりたしたものだったそうです。

そのうえ使い切ったあともその陶器の白さに魅了され、オランダの貴婦人が花瓶にしていたとも言われます。

 

一方、日本国内では大量生産が続いており、その中で船番などに「酒食らわんか餅食らわんか」と囃しながら食事などを売った「くらわんか舟」が盛んになっていた頃。

船で運び船で食すのに水分を弾き、最悪海や川に落としても惜しくないまでに安価になった波佐見焼が好んで使われていました。

その中でも碗が特に使われていたことから「くらわんか碗」と名がつき、今もなお波佐見焼の碗はその名前が使われています。

 

そこから国内は持ちろん、世界でも今なお認められる波佐見焼はここ数年で再び脚光を浴びています。 

hasamiyaki.com

 波佐見焼まつりはすでに50回を超える開催で、130件を超える出店でにぎわっています。

 

その中でも一番有名なのはマルヒロでしょう。

HASAMIというブランドで量販店でかなりの確率で取り扱われています。

コチラも有名!natural69は、百貨店などで特設スペースがあるのをよく見ます。

 

なぜ今、波佐見焼がここまで盛り上がるのか。 

それは、波佐見焼が歴史を守りつつ現代でもたくさんこの人に使われるよう進化し続けているからです。   

nippon-no-utsuwa.net

 

nippon-no-utsuwa.net

 価格も多くは3000円以下という安価で手に入るのでそろえやすく、丈夫さから今までと変わらぬ扱い方ができるという150年続く庶民の碗というわけです。

 

丁寧な暮らし、背伸びしない暮らしの一つにおススメですよ!

 https://www.instagram.com/p/BaAfG3YjWpC/

あ、僕も使ってます(画像左のお皿)

フレンチトーストなんですけど・・・味はおいしかったです(笑)