みなさんの知らない国産食器の世界

みなさんの知らない国産食器の世界

☞生活に上手に陶器を取り入れる 方法 ☞絶対におすすめな国産食器 とは ☞簡単に食卓を彩る 方法 の3つを重点としてご紹介。ツイッター、インスタやってますのでプロフィールを参照してくださいね!

みなさんが知らない国産食器の世界

ACL浦和レッズ優勝!この大チャンスを地上波放送しなかったことで損失は計り知れない!!

www.youtube.com

 

ゴール!!!!

 

優勝ですよ!優勝!!

浦和レッズ本当におめでとうございます!

 

 アジアチャンピオンズリーグACL)の決勝、初戦の結果が1-1でしたので、今日0-0でも優勝という非常に有利な状況から始まった本日のファイナル。

後半30分まではどうにも両チームとも危なっかしい感じで、何も起こらず優勝してしまうのか・・・?と思っていましたがそこはやはりサッカー。

どんどんと荒くなっていくプレーに増え続けるイエローカード(笑)

相手チーム「アルヒラル」は退場者を出すほどの荒れ模様。

優位に立ったレッズに劇的なゴラッソ!!

今年加入のラファエル・シルバ選手が最高の形で決勝ゴールを入れてくれました。

 

さあ、レビューはここまでにして・・・

 

10年前の2007年レッズの優勝、そして翌年2008年のガンバ大阪の優勝。

そこから長い間優勝争いにも絡めず、確かに日程的にも得られる賞金的にも魅力の薄い大会だと、優勝も出来ないのにネットでは言い続けられてきました。

しかし、今回は初戦の結果もあってかなり確率が高かった!

なのに!!!

地上波で放送されないってどういうこと!?!?!?

 

まあ、放送予定はかなり前から組んでいるので急には変えられないのかもしれない・・・でも、ここ数日のメディアが扱ったスポーツニュースは何でした?

相撲、相撲、相撲・・・昼間なんて特にこればっか。

しかも試合結果だとかそういうことじゃないですからね。

国技の品位とかそういうとこもあさっての方向に向かって盛り上がってますからね。

 

そんなもん扱うくらいならレッズを含め相手チームのすごさとかにちょっとでも時間を使ってくれたらいいじゃないですか、特に放送権をもってる日テレは!

サッカー協会もどんな契約しているのかわかりませんが、今後も同じような放送を組むメディアとはおさらばして全部DAZNに変えたらいいんじゃないのかな。

日本でのALCという大会価値(ブランド)の向上を考えれば古いメディアではもう限界なんだと思います。

だって、現に彼らは野球をダメにしてますからね。視聴率が下がったのは野球のせい!ってことで追いやってそのままですから。

 

地上波でやらない、しかもネット放送もないデメリットって本当に多くて

①盛り上がっているものに巻かれたい層を取り込めない

②閉鎖されたメディアでやっていると盛り上がりが持続しない

③本当は見たいのに環境がない人が見られない

 

特に問題なのは③

普段そんなに見ないけど、サッカー自体には興味があるしゴールデンタイムに地上波でやっているなら見てもいいかな。という新規層は結構いるんです。

タイミングもありますが、その1試合だけでサッカーにのめり込み、ファンとして10年20年付き合ってくれるかもしれない人が増える絶好のチャンスなんです。

 

だって、実際に僕がそうでしたから。

 

忘れもしない2008年の11月、大学生だった僕は当時まったくサッカーに興味がありませんでした。むしろ、チャラいうるさい客が多いと嫌悪すらしていました。

実際にスタジアムに行ったことも試合をみたこともなかったのに。

そんな僕がサッカーに興味をもったのは本当にくだらない理由で、友達の家でお酒を飲んでいた時にその日初めて触れたウイニングイレブンで、その中で一番うまいやつに勝ったからです。もちろんみんなベロンベロンでしたし、かつ接待プレーでしたけど!(笑)

そして、その熱冷めないまま、12月のクラブワールドカップ

ガンバ大阪 VS マンチェスターUこれです、この試合が僕をサッカー好きに変えてくれたんです。本当の無知だった僕でも聞いたことのあるチームの選手が日本のチームと戦うことすら信じられなかった。

でも、当時マンUに所属していたウェイン・ルーニー選手がガンバ大阪遠藤保仁選手からボールが奪えずイライラしているのを見て衝撃を覚えました。

試合結果は5-3でマンUの勝ち。圧倒的でした。

っていうか、当時クリスティアーノ・ロナウドもいたからね!

だけど、僕が何の根拠もなく弱い弱いと思っていた日本のチームが3点も奪取した!この興奮は今でも覚えています。

そこからまずは海外のチームを好きになり、ここ数年はJリーグも見るようになりました。あの試合から9年経った今も、僕はサッカーに興味が尽きません。

たった1試合で変わるんです。嫌悪していたほどのスポーツを好きになり、9年も追い続けられる人間を生み出すことができるんです。

それもスタジアムに行かなくても、チケットをとらなくても、有料チャンネルを登録しなくてもいいんです。このハードルの低さ、伝わってますか?

 

地上波で見られないことがその大きなチャンスをつぶしているんです。

去年の12月に行われたレアル・マドリー鹿島アントラーズの1戦は間違いなく僕と同じような人を虜にしたことでしょう。

じゃあ、その役目をすべてクラブワールドカップにゆだねていいんですか?

海外のサッカーの1試合、チャンピオンズリーグの1試合でいいんですか?

その機会を増やすためにも日本のクラブはACLでしっかりと結果を出し続けて欲しいし、各メディアも決勝に進んだからにはバックアップするくらいの気兼ねは欲しいです。

むしろ契約時にそれを織り込むくらいの交渉をサッカー協会がしてほしいですね。

天皇杯にしても、ナビスコにしてもプレーオフにしてもサッカーが好きな人たちへの取り組みはそのままに、新規層を取り込むことは長く長く愛されるスポーツにする絶対条件です。

 

サッカー協会にはぜひ、今日のこの1戦の価値を考えてもらい次につなげてほしいですね。決して、メディアの好きな権力争いやら抗争やらで取り上げられる恥ずかしい状況にだけはならないでくださいね。

各クラブを応援するサポーターの方はもちろんですが、サッカーの未来は協会の方の舵取りにもかかってますよ!よろしくお願いします!

 

では、本日はこのへんで!