みなさんの知らない国産食器の世界

みなさんの知らない国産食器の世界

☞生活に上手に陶器を取り入れる 方法 ☞絶対におすすめな国産食器 とは ☞簡単に食卓を彩る 方法 の3つを重点としてご紹介。ツイッター、インスタやってますのでプロフィールを参照してくださいね!

みなさんが知らない国産食器の世界

食器屋さんが語るみなさんが知らない国産食器の世界 -丹波焼編-


どうも!

国産の食器屋さん 大隈圭将です!

 

本日は兵庫県篠山市を産地とする「丹波焼」をご紹介

丹波焼の特徴は

  • 日本六古窯の一つ
  • 左回転という珍しい蹴りロクロで作られる
  • 陶器なのに電子レンジOKのものがある

f:id:zaccamocca:20180102082847p:plain

丹波のイロドリ様より

古くから続き、日本遺産にも指定されている「日本六古窯」の中では丹波焼は本当に産地だけを示している感じ。

なんかもう自由ですよ、自由

作家紹介 | 新しい丹波焼【TanbaStyle】

リンクを見て分かるように作家さんによっての特徴があり、形も様々。色とりどりの食器があるという点で非常に特徴的!

そして釉薬の関係なのか、その焼き方なのか電子レンジOKということは丈夫であるということですね(作品によると思いますので購入時は詳細欄をチェック!ですよ)。

 

 Googleの画像検索でも非常に多種多様な器が出てくるので楽しい・・・ 
f:id:zaccamocca:20180102083624j:image
f:id:zaccamocca:20180102083633j:image

長崎の "波佐見焼"(特集記事) と並んで非常に進化していて、今の僕たちの生活に合わせてくれている器だと思います。

率直に感じるのは自治体のバックアップもあるのか、丹波焼からはイマを感じます。

ホームページからしてちゃんとしてるんですよね。

新しい丹波焼【TanbaStyle】 | 丹波焼の新たな可能性 -丹波立杭焼の通販サイト-

【丹波のイロドリ】丹波焼の公式通販オンラインショップ

第40回 丹波焼 陶器まつり【公式サイト】[丹波立杭焼の郷] | 2017年10月21日・22日開催!

自分たちが作ったものを、他人任せでなく自分たちで売って行こう!買ってもらうにはどうしたらいいだろうか・・・どうしたら使ってくれる人が喜んでくれるだろうか。

そんな気持ちが伝わってくるんですよね。

価格もリーズナブル、一貫して生活陶器を作ってきたというだけはあります。

陶器市は秋以降、年に1回あるようです。これは僕も参加したい・・・そして仕入れたいw

比較的関西方面での展開なんでしょうか?

関東であまり名前の馴染みがないのが残念・・・十分勝負できると思うんですよね。波佐見焼と同様、これからを一緒にできる食器として大注目です!

 

では、また次回!