みなさんの知らない国産食器の世界

みなさんの知らない国産食器の世界

☞生活に上手に陶器を取り入れる 方法 ☞絶対におすすめな国産食器 とは ☞簡単に食卓を彩る 方法 の3つを重点としてご紹介。ツイッター、インスタやってますのでプロフィールを参照してくださいね!

みなさんが知らない国産食器の世界

食器屋さんが大解説!新生活、コレだけ見れば必要な食器の数がわかる!(ひとり~家族まで)

どうも!

国産の食器屋さん 大隈圭将です! 

新生活、新婚生活、一人暮らし、同棲などなど食器はどの程度必要?

春になればみなさん環境も変化しますよね。進学、就職、結婚などなど。

新生活を迎えるにあたって分からない、知らないからこそおざなりになってませんか?

食器えらび

あー、聞こえてきます。

「なんか知らんけどお茶碗はいるわな、あとビールグラス。皿は・・・なんか四角いのカッコいいじゃん」と100円ショップをさまよう人々の声が!!

今だからこそ知っておこう!正しい食器選び

僕は100円ショップの器肯定派なので無理に高いお皿を買う必要はないよと普段から言っています。ですが、適当に買うのはワケが違う!ということでパターン別に最低限必要なお皿をまとめます。

 

f:id:zaccamocca:20180106181557p:plain

  前提(お皿の形など)
  • お皿はすべて丸皿
  • グラスは300mlくらい
  • 耐熱皿(オーブンやトースター対応)はお好みで
  • お皿はすべて電子レンジOKのもの
  • 数はあくまでも最低限数

▼丸皿なのは単純に洗いやすいから。四角のお皿は簡単にオシャレに見せることができるのですが、洗う際に丸皿に比べお皿を回転させる手間があります。

また、角が少し反っている場合に洗剤が跳ねる可能性があり、顔にかかるとテンションが下がります

 

▼グラスの大きさは最低限の個数で考えるのであれば大は小を兼ねる。おとなしく300ml以上の大き目グラスが良いです。ただし、洗うのが面倒だと2個3個買うと結局洗い物がたまるだけなのでこまめに水ですすぐなどして1日使いまわすくらいが良いです。正直、菌などはバンバン繁殖しますし、特に一人暮らしは衛生面はバカにできないので健康でいたいなら都度洗いがおすすめです

 

▼新生活を始めると一度は料理をしよう!となり、割と高確率でグラタン皿を買ってしまいます(100円ショップでも売っているから)ですが、基本的に耐熱皿はトースターなど電力を大きく使うものが多く、出来合いや惣菜を買った方が安かったりするので最初に買うのはオススメしません。普段から料理される方であれば1つは持っていると何かとアレンジがきいて便利です。

 

▼最初から土器や金装飾の多い電子レンジがNGなものはオススメしません。生活スタイルが変われば最初は電子レンジに頼ってしまうことも多いですし、クラシルなどのレシピ提供アプリは電子レンジで出来る!をうたっていたりするので出来るだけすべての食器は電子レンジOKが良いでしょう。

 

▼数はあくまでも最低限の数としています。マグカップなどデザイン性のあるものは増えがちなので、ある程度順位をつけて定期的に処分がオススメ。大皿系はあまり増やすのをオススメしていません。洗い物がたまるだけでむしろどのシーンでも使えるものを最低限数持っている方が良いでしょう。

一人暮らし
  • 大皿(21cm以上)×2枚
  • カレー皿×1枚
  • 小皿×5枚
  • 汁椀×1個
  • グラス×1個
  • マグカップ×2個

 大皿が2枚というのは慣れない1人暮らしで忙しい際に洗い物をしていない!そんな時にもう1枚あると自炊やもしくは惣菜をプラスチックの容器からそのままいただくという寂しい食べ方を減らすことができます。食の豊かさは見た目からです!

小皿も同様ですね、味見に使ったり、お菓子をのせたりと何かと枚数があった方が安心です。

二人暮らし(同棲ないしルームシェア)
  • 大皿(21cm以上)×2枚
  • お茶碗×2個
  • 汁椀×2個
  • カレー皿×2枚
  • 小皿×5枚
  • 小鉢×3個
  • サラダボウル×1個
  • グラス×2個
  • マグカップ×4個

慣れない2人暮らしの際は大物は人数分あればOK!長く続けるコツは思いやりでお互いに洗い物に気を配ること。お皿が人数分しかありませんので使用毎に洗う習慣をつける意味でも人数分がベスト。それ以上はシンクにたまっていく一方です。洗い物をためるために数を増やすといっても過言ではありません。

シェアするサラダなどは大き目のボウルが1つあればいいですね。耐熱のガラスボウル(HARIO製が安くてオススメ)はレンジで使用も可なのでご検討を。

二人暮らし(新婚)
  • 大皿(21cm以上)×2枚
  • お茶碗×2個
  • 汁椀×2個
  • カレー皿×2枚
  • 小皿×5枚
  • 小鉢×3個
  • グラタン皿×2枚
  • サラダボウル×1個
  • グラス×2個
  • マグカップ×4個
  • 保存容器×4個(必須)

三人以上は1人増える毎に、二人暮らし(新婚)に+1個ずつでOK

さて、結婚するならばある程度お互いのライフスタイルなどもわかってきているはず。

ここにきて初めて耐熱皿の登場です。お互いの時間を共有する意味でも少し手間のかかる料理はおすすめ。グラタンは意外と簡単にできますが手の込んだイメージがあるので一緒に作るなど時間共有のネタとして最適。他にもお菓子を作ったりパイやケーキと耐熱皿を使う機会も増えるはず。しかし、今の時代共働きも多いですし、どちらかが専業だったとしても手抜きは大事。ということでごはんやおかずを冷凍する保存容器は必須です。

 

来客用はどうするの?

ハッキリ言います!お客様用などは最初に買わないでください。基本的に肥やしになり、あたなの生活スペースを奪う悪敵です。

 そんなわけで、来客の予定があるのであれば1,000円くらいで2~3回分の食器は揃いますので使い捨てのものがオススメ。かさばらないし、直前に買うこともできますしね。

100円ショップでも最近はかわいい使い捨て皿がありますので要チェックです!

 個人的にはWASARAが好きですね。

www.wasara-shop.jp

こちらはガイアの夜明けでも紹介されてましたね。

(有料ですがバックナンバーも見れるようです)

2016年4月19日放送 負けない町工場の"法則"第2弾~独自ブランドで海外挑戦 その後...~|日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

最初だからこそブランド品などのお皿を買った方が長く使える?

最初から有名ブランドのお皿を買う必要はありません!ある程度一人暮らしが長く、そこから誰かと一緒にというとお互いの考えのすりあわせなどもありますので最初のうちは高くても大皿で3,000円程度のものがおすすめ。

1人暮らしの場合も同様で、最初から理想のものをそろえても住む部屋が追い付いてくれるかわかりませんから。まずは最低限。おしゃれをしたいのであればグラスやマグカップから始めるのがおすすめです。

どちらの場合も部屋のテイスト、ライフスタイルの変化を考えると最初からの背伸びは重要な衣食住の”食”の部分が楽しめなくなってしまいますのでご注意を。

 

中国製のお皿ってどうなの?

答えは簡単。特に問題なし。

大量生産で各世界にバラまかれているのでシェアとしてはNo.1です。特に国内であれば品出しの際に検品もしているのでひび割れなどもないですしね。

ただ、原材料については不明な部分というか、開示義務もないのでそのあたりを気にされる方は国産がいいと思いますよ

お子さんが小さい場合などは少し重めの陶器製がおすすめ!プラスチックよりは間違いなく清潔をたもてますし、重さがあるのでひっくりかえすのを防止できますからね。もちろん、使う際は目を離さず安全には気を付けてくださいね。

 

日本製のお皿ってどうなの?

ぶっちゃけ、超おすすめです。

というのも、多くの日本のお皿はもともと庶民向けに開発・製造されているから。どうしても美術品のようなイメージがついている種類(焼き物)もありますが、基本的に庶民に支えられてきた文化です。ネットですと基本的に送料はかかりますが、デザインも多く選べますし種類も豊富なのでオススメ。普段自分が使っているお皿の種類、(瀬戸焼・波佐見焼など焼き物の名前)を覚えていると外食や旅先で「ほう、これは○○焼なんだね・・・私も使っているけれど良いものだよ」なんてこともできて食を味だけでなく目で楽しむことができるようになりますよ!

 

結局どこで買えばいいの?

僕が個人的に好きなショップさんを紹介しておきますね。

一番のオススメはコチラ(2018.1.4はリニューアルの為非公開)

nippon-no-utsuwa.net

はい、僕のお店です。

 

atau.jp

three-tone.com

 

 

他にも探すのであれば楽天がおすすめ。ですが、基本的に数が多いので個人ショップの方がまとまっていて見やすいとは思います。

あとは100円ショップですかね。最近はいいものが多いです。ですが、どうしても野暮ったい感じになってしまうので取り入れるくらいにしてメインにはしない方がおしゃれに過ごすことができますよ!

 

 では、また次回!