みなさんの知らない国産食器の世界

みなさんの知らない国産食器の世界

☞生活に上手に陶器を取り入れる 方法 ☞絶対におすすめな国産食器 とは ☞簡単に食卓を彩る 方法 の3つを重点としてご紹介。ツイッター、インスタやってますのでプロフィールを参照してくださいね!

みなさんが知らない国産食器の世界

みなさんが知らない国産食器の世界 -会津本郷焼編-

どうも!
国産の食器屋さん 大隈圭将です!

東日本最大の磁器生産地、会津本郷焼

 f:id:zaccamocca:20180110194128p:plain

会津本郷焼(あいづほんごう-やき)とは

福島県会津美里町を生産地とする陶磁器の総称です。
東日本で石を材料にした磁器(じき)の生産地は少なく、東北では最大級。

f:id:zaccamocca:20180110194517p:plain

このへん

特徴は3つ

  • 陶器(とうき)、磁器(じき)どちらの歴史も持っているということ。
  • 窯元それぞれが異なった特徴の器を作っている。
  • 早朝4時!築地か!な ”せと市”
200年以上続く自由な器

現在は各地で地元の素材を使って陶器(土素材)も磁器(石素材)どちらも作ることが増えてきましたが、会津本郷焼きは200年も前からどちらも作られ、同じようにどちらも発展していました。
土を使った素朴な器があると思いきや、コバルトブルーの釉薬(うわぐすり)と呼ばれる仕上げ材を使った鮮やかな絵付けの器もあります。

 f:id:zaccamocca:20180110194035p:plain

(google画像検索)

このとおり、会津本郷焼で検索するだけで様々な器を見ることができます。

窯元それぞれが別の特徴をもった器を作っている

いくつか代表してご紹介しますが、本当に同じ地域で作っているのかと思うほどそれぞれの特徴がでる器を作っています

f:id:zaccamocca:20180110195336p:plain

会津本郷焼 樹ノ音工房 | 東北の静かな陶郷・会津本郷焼 樹ノ音工房

 こちらではヨーロッパのヴィンテージのようなカップが多いですね。

土の風合いを生かした素朴なデザインです。

 

f:id:zaccamocca:20180110195528p:plain

f:id:zaccamocca:20180110195659p:plain

会津本郷焼 窯元 流紋焼

こちらでは青を様々な色味で使い分けたおしゃれな器が多め。カップだけでなく、花瓶などもあり規模の最大級の窯元です。

ちなみに、産地の美里町は歩いて回れる範囲に窯元が集まっているそうです。

これだけの違いのある器を見て回るのは楽しいでしょうね。

aizuhongouyaki.jp

そのほか、窯元それぞれを紹介したサイトもありますのでチェックしてみてください。

(ホームページはちょっと重め…もっと軽くしてほしい)

毎年8月に行われる”せと市”が謎すぎる

f:id:zaccamocca:20180110200840p:plain

平成29年度「会津本郷せと市」開催!! 随時情報更新中‼ « ミサトノ.jp | 会津美里町ポータルサイト

ここ、注目!ここ!!

f:id:zaccamocca:20180110200918p:plain

いや、始まるのも終わるのも早いわ!

まあ、福島は盆地ですのでね…昼間は猛暑になりますから朝早い涼しいうちに始まってピークになる前に終わると考えれば健全ですね。

もう参加するにはどうやっても泊り前提なので意外といい案なのかもしれません。

行かれる際はぜひ会津の宿へ!

結構お米とか食べ物おいしいんですけど、収穫前ですもんね…。

4年くらい福島に住んでましたけどごはんおいしかったので観光でもぜひ!!

お店のご案内

nippon-no-utsuwa.net

最後に、僕の個人ショップでは国産磁器限定で取り扱っています。

残念ながら会津本郷焼は扱っていません(スイマセン)

現代に寄り添える、みなさんの生活にスッと溶け込む器の条件は

・電子レンジで使えるか

・食卓に並んだ時に違和感がないか

これを念頭に置いて商品を選んでいますのでぜひ遊びに来てくださいね。

 

では、また次回!